プレミアリーグならアーセナル? レジェンドストライカー、リネカーが考えるオシムヘン理想の移籍先

現在はアフリカネイションズカップで戦っている photo/Getty Images

去就が注目されている

まだ23-24シーズンは後半戦に入ったばかりだが、早くも来シーズンの移籍先が注目されている選手がいる。それがナポリに所属するナイジェリア代表FWヴィクター・オシムヘン(25)だ。

選手本人も今シーズン限りでナポリを退団するような発言をし、ナポリの会長であるアウレリオ・デ・ラウレンティス氏も夏のオシムヘン移籍の可能性を認めた。またその際に会長が「彼がレアル・マドリード、PSG、あるいはイングランドのトップクラブに行くことは分かっていた」という発言をしたこともあり、次の移籍先への注目度が増している。

ナポリの会長はプレミアリーグのクラブだけ直接的な名称を言わなかったが、現段階ではチェルシー、アーセナル、マンチェスター・ユナイテッドといったクラブの名前が浮上している。
そんななか、イングランドの英雄であり、史上最高のストライカーの1人として考えられているゲイリー・リネカー氏はオシムヘンはアーセナルに行くべきだと、ポッドキャストの『The Rest Is Football』にて語った。

「今のところ、アーセナルに行くだろうね。誰もが同じものを提供し、それがあなたの望むものであるという契約の中で話している。正直なところ、今は稼ぎがいいから、行きたいところを選べるんだ」

「私が言いたいのは、アーセナルはセンターフォワード1人で、優勝から遠ざかっているということだ。チェルシーが再び競争力を取り戻すには、センターフォワードが必要だ。マンチェスター・ユナイテッドはセンターフォワードの成長に手こずっており、まだ先が長い。もし私が彼ならば、物事を勝ち取れそうな場所に行きたいと思うだろう」

リネカー氏はこの3クラブはストライカーが必要なことは間違いないが、アーセナルはストライカーがラストピースであり、多くのことを勝ち取れるアーセナルへの移籍を選択すべきだと語っている。

もちろん、レアル・マドリードやPSGの可能性も現段階では考えられるが、今や世界最高のストライカーの1人となったオシムヘンは、夏にどのような決断を下すのだろうか。

記事一覧(新着順)

電子マガジン「ザ・ワールド」No.290 アジアカップのその先は?

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ