デル・アリ復帰時期未定の手術を受ける かつてのスター選手の現在地

今季もピッチ上での姿がなかなか見られない photo/Getty Images

2年間でプレミアリーグの先発出場は1試合

元イングランド代表デレ・アリは鼠蹊部に問題を抱えており、手術を受けた。復帰時期は未定で、今期中に復帰する可能性は低いと英『Daily Mirror』が報じた。

アリは2年前にトッテナムから、エヴァートンにフリーで移籍してきた。在籍2年間でプレミアリーグの出場は13試合で、先発出場したのはわずか1試合だ。昨シーズンはトルコのベシクタシュにローン移籍したが満足できる結果を残せなかった。かつてトッテナムで築いた輝かしいキャリアも停滞したままだ。

エヴァートンのショーン・ダイシ監督は「手術をやるべきか否かについては議論があり、時間がかかった。基本的に怪我は回復しつつあるだろうし、現時点での復帰のスケジュールは決まっていないが、現時点での初期の兆候としては良好だ」と語った。
また、エヴァートンは27日にFAカップのルートン・タウン戦を控えているが、ミッドフィールダーが不足しており、ダイシ監督は元ポルトガル代表アンドレ・ゴメスがふくらはぎを負傷したことを明らかにした。これでアリの他にもゴメスやアブドゥラウェ・ドゥクレが欠場することになる。

アリはかつての輝きを取り戻せるのだろうか。奮起を期待したい。

記事一覧(新着順)

電子マガジン「ザ・ワールド」No.290 アジアカップのその先は?

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ