「ラヒーム・スターリング・メッシ」 「なんというFKなんだ」 トドメの3点目となった芸術的FK弾に称賛集まる

1G1Aの活躍を見せたスターリング photo/Getty Images

チームは4-0で勝利

FAカップ3回戦でプレストンと対戦したチェルシー。

試合は58分にFWアルマンド・ブロヤがゴールを決めると、ここからゴールラッシュが続く。66分にはCKからDFチアゴ・シウバがヘディングでゴールを決めると、69分にはFWラヒーム・スターリングが美しいFKをネットに叩き込んだ。85分にはMFエンソ・フェルナンデスにもゴールが生まれ、4-0でチェルシーが大勝を飾った。

圧巻のゴールショーを見せたチェルシーだが、この試合で称賛が集まっているのがスターリングのFKだ。美しい弧を描いて決まったこのFKはSNS上でも多くの反応があり、リオネル・メッシのFKに例える声もあった。
「ラヒーム・スターリング・メッシの信じられないようなフリーキック??」

「スターリングはとんでもないゴールを決める男だ」

「3-0 スターリングのFK、ニューカッスル戦とほぼ同じ。なんというFKなんだ……」

スターリングはプレミアリーグ第13節のニューカッスル戦(1-4で敗戦)でもFKを決めている。その時は負けてしまったが、今回はチームの勝利に貢献するゴールとなった。

スターリングは今シーズン公式戦22試合に出場し7ゴール6アシストを記録している。不調だった昨シーズンから立ち直り、攻撃の中心として存在感を放っている。チェルシーはリーグ戦では現在10位と苦戦気味だが、2024年最初の試合に勝利できたことは、シーズン後半に向けてポジティブなものとなった。


記事一覧(新着順)

電子マガジン「ザ・ワールド」No.294 改革者クロップの軌跡

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ