今季の “スクデット”争いは激戦必至か!? 絶好調インテルを猛追するユヴェントス 

今季初対決は1-1のドローに photo/Getty Images

勝ち点差はわずか2

セリエAも15試合を終え、シーズンも中盤戦を迎えている。現在首位に立つのは12勝2分1敗のインテルだ。

インテルはここまで37ゴール7失点という圧巻の成績を残しており、スクデットの最有力候補として考えられている。ここまで完璧と言っていいほど順調に勝ち点を積み重ねているが、リーグ独走状態には至っていない。

インテルのすぐ後ろを離れないチームがいるのだ。それがユヴェントスだ。ユヴェントスは現在、インテルと勝ち点差2で2位につけている。11勝3分1敗を記録しており、インテル同様に1回しか負けていない。
得点数は23点と上位陣の中でも少ないユヴェントスだが、7試合で1点差のゲームを制しており、勝負強さを見せつけている。

伊『Gazzetta dello Sport』でもインテルを猛追するユヴェントスについて触れており、ユヴェントスがナポリに勝利したことで、スクデット争いはインテルとユヴェントスの一騎討ちになるのではないかと報じている。

「アッレグリ率いるチームはインテルにプレッシャーをかけ、いくらスクデットの目標を口にしないとはいえ、強い相手でも安定し始めている。成長への道筋は明らかだ。試合を重ねるごとに、ビアンコネリは苦境に立たされた時(状況によっては負ける可能性もあったナポリ戦でさえも)でも立ち直れるようになり、攻撃陣がゴールが少ない状況でも順位を上げている」

とはいえ、リーグ戦はまだ中盤であり、勝ち点差は少しあるものの、3位のACミランや4位のローマといったチームが逆転を果たす可能性もある。

ここまではインテルとユヴェントスがスクデット獲得に有利ではあるが、今季のタイトル争いは激戦必至になることは間違い無いだろう。

記事一覧(新着順)

電子マガジン「ザ・ワールド」No.290 アジアカップのその先は?

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:コラム

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ