「冗談だと言ってくれ」 「喜んで受け入れるよ」 マンUも興味を示すヴェルナー獲得にサポーターは賛否両論

さまざまなクラブが注目するヴェルナー photo/Getty Images

多くのクラブが興味を示すヴェルナー

『Sky Germany』によると、ライプツィヒに所属するドイツ代表FWティモ・ヴェルナー(27)にマンチェスター・ユナイテッドも興味を示しているようだ。

フラムやウェストハムといったクラブが興味を示している同選手にはプレミアリーグ復帰の可能性が浮上している。さまざまなクラブが関心を寄せるヴェルナーだが、同メディアによると、マンUはライプツィヒに獲得の可能性について問い合わせを行っているようだ。

しかし現段階では交渉もスタートしておらず、正式なオファーも出していないという。1月の移籍まで少し時間はあるが、今後クラブの動きを注意深く監視する必要がある、とも同メディアは伝えている。
チェルシーでは、CLで優勝するなどタイトルを獲得した同選手だったが、成功とはいえないキャリアを過ごした。そんなヴェルナーの獲得に対して、マンUのサポーターの意見は賛否両論だ。

SNSにて、「冗談だと言ってくれ」、「私はこの移籍は好きではない」と否定的なサポーターもいれば、「喜んで受け入れるよ」、「彼を連れてきたいよ」と獲得を喜んでいるサポーターもいる。

ヴェルナーはここまで全公式戦13試合に出場し、2ゴール1アシストを記録。リーグ戦では8試合に出場しているが、スタメンはわずか2回となっており、出場時間の確保に悩んでいる。

再び、プレミアリーグへの復帰の可能性が浮上している同選手。ヴェルナーを巡る獲得レースは大きな注目を集める。

記事一覧(新着順)

電子マガジン「ザ・ワールド」No.290 アジアカップのその先は?

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ