サンチョは遅刻魔? ユナイテッドは1時間早いスケジュールを組みチームメイトもうんざりしていた

練習態度が問題視されているサンチョphoto/Getty Images

怠慢な態度

先日のプレミアリーグ第4節アーセナル対マンチェスター・ユナイテッドの試合。ユナイテッドのジェイドン・サンチョがベンチ外となったことが不服で監督にSNS上で意義を申し立てた。

自身をスケープゴートと表現し監督を批判したサンチョ。しかし『The Athletic』が、ユナイテッドのスタッフ陣、選手がサンチョの怠慢ぶりに呆れていたことを報道した。

同メディアによると、サンチョはトレーニングに遅刻することが多かったという。そのためクラブはサンチョのために他の選手よりも1時間早いスケジュールを組んでいたのだ。
監督のエリック・テン・ハーグもサンチョの怠け者具合にイライラしたと話していたが、チームメイトもその怠けぶりを見逃すことが限界になっていたという。

ただ、サンチョは現在SNS上に投稿した監督への批判文を削除しており、監督との関係が修復に向かっているのではないかという憶測もある。

このようなことが事実であるならば、キャリアに自ら傷をつける行為は勿体無いとしか言いようがない。

記事一覧(新着順)

電子マガジン「ザ・ワールド」No.293 絶対無敵!レヴァークーゼン

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ