鎌田、ヌディカら主力流出に備えよ フランクフルトはシャイビ、コッホら今夏に積極補強へ動く

フランクフルトはチーム力を保てるか photo/Getty Images

すでに数名の新戦力を抑えている

今夏にMF鎌田大地、DFエヴァン・ヌディカら主力を失うフランクフルトは、早くも積極的な動きを見せている。

すでにベルギーのアントワープからエクアドル代表DFウィリアム・パチョ(21)、マルメからスウェーデン代表MFヒューゴ・ラーション(19)、ヴォルフスブルクからフリーでエジプト代表FWオマル・マーモウシュ(24)の獲得をまとめている。

パチョはヌディカ、18歳の若さでスウェーデン代表デビューを果たしているラーションは鎌田の後釜候補と言ったところか。
さらに独『Bild』によると、リーズ・ユナイテッドDFロビン・コッホ、トゥールーズMFファレス・シャイビ、アウグスブルクFWエルメディン・デミロビッチ、ヘルタ・ベルリンFWジャシック・ンガンカム、そして日本代表FW中村敬斗も獲得候補と取り上げられている。

トゥールーズのシャイビも鎌田の後釜候補であり、フランクフルトが今夏の補強でどこまで戦力を上げられるか注目だ。

記事一覧(新着順)

電子マガジン「ザ・ワールド」No.295 なでしこ、飛翔せよ!

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:コラム

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ