ミランはトナーリ退団なら鎌田大地をどう起用する? 「鎌田の実力は保証されている」

ミラン入りが近いとされる鎌田 photo/Getty Images

トナーリ退団なら中盤の構成は変わる

今季はチャンピオンズリーグ・ベスト4まで駒を進めるなど充実のシーズンを過ごしたミランだが、新シーズンへクラブは揺れている。

まず今月にはテクニカル・ディレクターを務めてきたパオロ・マルディーニが退任。これで補強策が変化するとも言われるが、加えて現在はMFサンドロ・トナーリがニューカッスルに狙われている。中盤の軸でもあるトナーリを失うのは痛手だろう。

気になるのは、ミラン入りが確実視されるMF鎌田大地だ。伊『Milannews.it』は、トナーリ退団となれば鎌田への期待感はかなり大きなものになると伝えている。
「鎌田の実力は保証されている。5年で56ゴールという数字は攻撃的MFとして十分なもので、何より欧州カップ戦での経験が最大の説得力だ。ELでは頂点にも立っている。26歳の鎌田はまだ成長の余地があり、過小評価してはならない。彼はイタリアのフットボールの困難と戦わなければならない。確実にスペースは狭くなるだろうが、今夏の市場でミランを待ち受ける難問を考えれば、鎌田は最初の一歩になる」

トナーリがいるならば、鎌田をトップ下で起用するのが理想的だろう。しかしトナーリが去る場合は、鎌田を後釜として中盤の底へ配置するプランも出てくるか。いずれにしても中盤の構成は大きく変わることになる。

ミランは2021-22シーズンにスクデットを獲得し、今季もCLベスト4など一歩ずつ力を取り戻してきた。今夏もその道を歩みたいところだが、果たして。

記事一覧(新着順)

電子マガジン「ザ・ワールド」No.295 なでしこ、飛翔せよ!

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:コラム

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ