声がかからずガッカリした? 今季チェルシーの指揮官として準備ができていた名将

プレミアへの挑戦はあるか photo/Getty Images

来季の就任はあるか

今季は2度の監督交代を経てフランク・ランパード監督を迎え入れたチェルシー。後任の候補としてユリアン・ナーゲルスマン氏やスポルティングCPのルベン・アモリム監督などが候補に挙がっている。

そんな指揮官たちと同じく候補なのが、元スペイン代表監督のルイス・エンリケ氏だ。昨年のFIFAワールドカップ・カタール大会でスペイン代表を退任して、現在はフリーの状況である。

バルセロナでUEFAチャンピオンズリーグを制すなど、クラブでの実績も十分なエンリケ監督。英『THE Sun』によれば、チェルシー就任にも意欲を示していた様子で、今季中に就任する準備ができていたようだ。
そのため、チェルシーが今季終了までランパード監督を招聘したことについて、エンリケ氏は失望したとも伝えている。さまざまな監督が候補に挙がるチェルシーだが、来季その座に着く指揮官は誰になるのだろうか。

記事一覧(新着順)

電子マガジン「ザ・ワールド」No.295 なでしこ、飛翔せよ!

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:コラム

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ