バルサの中盤でメッシとペドリが並ぶ? シャビ監督が考えている元同僚の起用案

ペドリと好連携を見せていたバルサ時代のメッシ photo/Getty Images

去就に注目が集まる

財政難に苦しむなか、昨夏に大型補強を敢行したバルセロナ。その成果もあってラ・リーガではわずか9失点のみと堅守を誇っており、首位を快走している。

しかし、チャンピオンズリーグではグループステージ敗退に終わり、ヨーロッパリーグに回っても決勝トーナメントプレイオフで敗戦してしまった。欧州レベルで結果を残すことができなかったのは財政的にも大きな痛手だ。

来季リベンジを果たすために、すでに複数の選手が新戦力候補として噂されているが、その多くはフリーになりそうな選手となっている。かつてバルサの象徴として活躍していたパリ・サンジェルマンのFWリオネル・メッシもその一人であり、彼とPSGの現行契約は2023年6月までだ。
スペイン『MUNDODEPORTIVO』によると、バルサ首脳陣は真剣にメッシの復帰を検討しており、シャビ・エルナンデス監督もメッシ復帰が実現する可能性のあるオプションの一つだと考えているという。かつてピッチ上でメッシと共にバルサ黄金期を支えたシャビ監督は、友人同士だからこそ合意に達することができるという考えも持っているようだ。

また同メディアによると、シャビ監督はメッシのパスのクオリティが非常に高いことから、彼をMFペドリと並ばせて中盤のプレイメイカーとして機能させるアイデアも温めている。バルサはかねてからマンチェスター・シティのMFベルナルド・シウバの獲得を狙っていると噂されているが、B・シウバの獲得に失敗し、メッシの復帰に成功した場合にはこのプランが現実味を帯びてくるようだ。

今夏の移籍市場でバルサがどれだけ補強に動けるのは未知数だが、再びバルサでプレイするメッシの姿を見たいというファンも多いことだろう。はたして、シャビ監督の下で輝くメッシの姿は見られるのだろうか。

記事一覧(新着順)

電子マガジン「ザ・ワールド」No.294 改革者クロップの軌跡

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:コラム

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ