リーガデビューから2戦1G1Aを記録したレアルの新星 18歳A・ロドリゲスは伝説ラウールの足跡を辿っている

大一番で途中出場から同点ゴールを決めた photo/Getty Images

期待感の高まる2試合となった

レアル・マドリードにまた新たなスターが生まれようとしている。26日に行われたマドリードダービーでゴールを決めたU-20ウルグアイ代表FWアルバロ・ロドリゲスだ。奇しくも彼はクラブのレジェンドであるラウール・ゴンサレス氏の足跡を辿っている。
 
19日のオサスナ戦でラ・リーガデビューを飾った18歳の下部組織出身選手A・ロドリゲス。88分から途中出場すると、いきなりFWヴィニシウス・ジュニオールのゴールを演出。残念ながらこれはオフサイドの判定でノーゴールとなったが、後半アディショナルタイムに今度はFWマルコ・アセンシオのゴールをお膳立て。こちらは問題なく得点が認められ、A・ロドリゲスはデビュー戦で1アシストを記録した。
 
そして、26日のアトレティコ・マドリード戦にも彼は77分から途中出場。直後の78分にアトレティコに先制点を許す展開となったが、85分、MFルカ・モドリッチのCKに頭で合わせて起死回生の同点ゴールをゲット。逆転はできなかったが、レアルは彼のおかげで貴重な勝ち点1を手にすることができた。
 
これを受けスペイン『MARCA』は、現在カスティージャ(リザーブチーム)の指揮官としてA・ロドリゲスを指導しているラウール氏も、A・ロドリゲスと似たようなマドリードダービーデビューを飾っていたと取り上げている。
 
前節のレアル・サラゴサ戦でラ・リーガデビューを飾ったばかりだった当時17歳のラウール氏は、1994年11月5日のアトレティコ戦にも出場。サンティアゴ・ベルナベウでのプレイもこれが初だったが、MFミカエル・ラウドルップの素晴らしいアシストからゴールを決め、見事4-2の勝利に貢献している。
 
その後、ラウール氏はレアルでゴールを量産し続け、クラブの象徴的存在となっていった。A・ロドリゲスも同じように階段を上っていくことが期待されるが、まずはここ2戦の活躍がフロックでないことを証明できるか。上手くいけば、レアルの背番号7を着けてプレイするA・ロドリゲスの姿もいつか見られるかもしれない。

記事一覧(新着順)

電子マガジン「ザ・ワールド」No.295 なでしこ、飛翔せよ!

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:コラム

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ