W杯GS2戦目で勝てない日本 “魔の2試合目”は今回もサムライブルーに立ちはだかる

ケイラー・ナバスが日本の前に立ちはだかる photo/Getty images

コスタリカの堅守崩せず

FIFAワールドカップ・カタール大会はグループステージ第2節に突入しており、日本はコスタリカと対戦した。

日本は勝って勝ち点3を獲得すれば6ポイントとなり、スペイン対ドイツの結果次第では決勝トーナメント進出が決まる一戦となっている。

しかし日本はコスタリカを崩すことができない。コスタリカは初戦でスペインに7-0と大量失点で敗れており、この2戦目は負けることができない。そのため手堅く自陣に引いた守備で日本の攻撃を跳ね返している。
後半日本はシステムを変更する。伊藤洋輝、浅野拓磨を投入し、最終ラインを4枚から3枚に変更する。初戦ドイツを破った同じ変更だ。さらに日本は攻勢を強めるため、伊東純也、三笘薫とアタッカーを次々とピッチに送り込む。

日本はこれまでのW杯グループステージでは2戦目に苦戦している傾向にある。1998年フランス大会ではクロアチア、2010年の南アフリカ大会ではオランダに敗れている。2006ドイツ年大会ではクロアチア、2014年ブラジル大会ではギリシャ、2018年ロシア大会ではセネガルに引き分けている。勝ったのは2002年日韓大会のロシアのみであり、6戦で1勝3分2敗と魔の2試合目となっている。

すると、81分コスタリカに先制されてしまう。自陣深い位置でこぼれ球を拾われると、ケイセル・フレールがボックス内から左足を振り抜く。GK権田修一はシュートに触れることはできたが、勢いに押されボールはゴールネットを揺らすことに。

その後日本は攻め続けるも、コスタリカの守護神ケイラー・ナバスの壁を越えられず、1-0と日本は敗れることに。魔の2試合目の戦績は1勝3分3敗と黒星を増やすことになってしまった。

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.277 激闘プレミア後半戦

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:各国代表

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ