[W杯マッチ20]前節空いたケチャップの蓋が閉まったイングランド スコアレスドローで決勝T進出は次戦へ持ち越し

先発出場したケインも2試合無得点に photo/Getty Images

互いにゴールを奪うことはできず

MATCH 20 グループB 第2節 2022年11月25日 22:00キックオフ(会場:アル・バイトスタジアム)
アメリカ 0-0 ウェールズ

第1節はイラン相手に6ゴールと大勝し、最高のスタートを切ったイングランド。後半終了間際に同点に追いつかれて勝点2を失ったアメリカもゴールラッシュで決勝トーナメント進出に近づきたいところだった。

そんなイングランドに朗報だったのはハリー・ケインの先発出場だ。負傷が心配され、欠場も予想されたエースのスタメンはチームの大きな武器になるはずだった。しかし第1節の大量得点とは打って変わって非常に硬い試合運びとなってしまう。
両サイドからの鋭い仕掛けが幾度となく決まった前節のイングランドだが、アメリカにはそのスピーディーな攻撃を見せることができず。10分にはジュード・ベリンガムが飛び出し、ブカヨ・サカが絡んで中央に折り返す。クロスにケインが右足で合わせるも、相手DFのブロックに遭う。その後もボールを持つ時間が増えるイングランドだが、うまくかみ合わずチャンスを作ることができない。

反撃したいアメリカは右サイドからパスを回して、敵陣深くからクロスを供給。中央で待っていたマッケニーがフリーでシュートを放つも、ボールは枠の上に外れる。その後も互いに相手ペナルティエリアまでボールを運び、前半アディショナルタイムにメイソン・マウントが自らシュートを打つものの、GKマット・ターナーの好セーブに阻まれる。

デストが攻守で存在感を見せた photo/Getty Images

スコアレスドローの痛み分けに

後半になっても状況は好転せず、決定的な場面を迎えるには至らない。イングランドの攻撃に対してスピーディーな守備でアメリカは対応。その勢いを攻撃にも還元させ、カウンターから好機を生み出す。60分頃にはセットプレイからチャンスを伺うも、ゴールネットを揺らすことはできず。後半の半ばにはミスも目立ち、中3日の疲労が目立つ試合運びとなってしまった。

それでも終盤に攻め続けるイングランドは、90+1分にキーラン・トリッピアーのCKからハリー・マグワイアが頭で合わせるもターナーの正面。さらに左サイドからFKのチャンスにケインがヘディングでゴールを狙う。しかし、シュートは惜しくも枠の左へ。最後まで互いにゴールを奪うことはできず、スコアレスドローで試合を終了した。

勝てば決勝トーナメント進出に大きく近づいたイングランドだが、イラン戦のような決定力を見せることができなかった。あと一歩を決め切ることが次戦への課題となるだろう。次節はここまで勝ちなしのウェールズと対戦。“イギリスダービー”となるこの試合でしっかり勝ってグループステージを勝利で締めくくりたい。対するアメリカは決勝トーナメントへ望みをつなぎ、イランとの直接対決で勝利を奪いたい。

イングランドサポーターも肩を落とす結果に photo/Getty Images

[スコア]
イングランド 0-0 アメリカ

[得点者]

イングランド
なし

イラン
なし

[ポゼッション]
イングランド 48% アメリカ 39% 中立 13%

[シュート数]
イングランド8本 アメリカ 10本

[枠内シュート]
イングランド 3本 イラン 1本

[イエローカード]
なし

[レッドカード]
なし

[ラインナップ]
イングランド
フォーメーション : [4-3-3]

監督 : ガレス・サウスゲイト

GK
ジョーダン・ピックフォード(エヴァートン)

DF
ルーク・ショー(マンチェスター・ユナイテッド)
ジョン・ストーンズ(マンチェスター・シティ)
ハリー・マグワイア(マンチェスター・ユナイテッド)
キーラン・トリッピアー(ニューカッスル)

MF
デクラン・ライス(ウェストハム)
メイソン・マウント(チェルシー)
ジュード・ベリンガム(ボルシア・ドルトムント/ドイツ)

FW
ハリー・ケイン(トッテナム)
ラヒーム・スターリング(チェルシー)
ブカヨ・サカ(アーセナル)

交代出場
68分 スターリング→ジャック・グリーリッシュ(マンチェスター・シティ)
68分 ベリンガム→ジョーダン・ヘンダーソン(リヴァプール)
77分 サカ→マーカス・ラッシュフォード(マンチェスター・ユナイテッド)

アメリカ
フォーメーション : [4-3-3]

監督 : グレッグ・バーホルター

GK
マット・ターナー(アーセナル/イングランド)

DF
セルジーニョ・デスト(ミラン/イタリア)
ウォーカー・ジマーマン(ナッシュビルSC)
アントニー・ロビンソン(フラム/イングランド)
ティム・リーム(フラム/イングランド)

MF
タイラー・アダムス(リーズ/イングランド)
ユヌス・ムサ(バレンシア/スペイン)
ウェストン・マッケニー(ユヴェントス/イタリア)

FW
クリスティアン・プリシッチ(チェルシー/イングランド)
ハジ・ライト(アンタルヤスポル/トルコ)
ティモシー・ウェア(リール/フランス)

交代出場
77分 マッケニー→ ブレンデン・アーロンソン(リーズ/イングランド)
77分 デスト→シャケル・ムーア(ナッシュビルSC)
83分 ティモシー・ウェア→ジョバンニ・レイナ(ドルトムント/ドイツ)
83分 ハジ・ライト→ジョシュ・サージェント(ノリッジ/イングランド)

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.277 激闘プレミア後半戦

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:各国代表

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ