ペドリとムシアラはどっちが上? W杯で日本を襲う現代最強の“U-19プレイヤー”たち 

バルサの中盤をコントロールするペドリ photo/Getty Images

ヤングスターを止めなければ勝利はない

ここ最近は続々とティーンエイジャーが出てきており、彼らの実力はとにかく恐ろしい。

U-19世代の市場価値を見てみると、1位はスペイン代表MFペドリとイングランド代表MFジュード・ベリンガムで9000万ユーロ、3位はドイツ代表MFジャマール・ムシアラ(8000万ユーロ)、4位はスペイン代表MFガビとドイツ代表MFフロリアン・ヴィルツ(7000万ユーロ)、6位はスペイン代表FWアンス・ファティとなっており、スペインとドイツの選手が目立つ。

両チームはワールドカップで日本代表が対戦する相手であり、このうちスペインではペドリとガビ、ドイツではムシアラが主力として出てくる可能性が高い。スペインは状態次第でファティも出てくるだろう。日本は彼ら驚異の10代を抑えなければならないのだ。
スペイン『Tribuna』はペドリとムシアラではどちらが上かと問いかけているが、SNS上では様々な意見が出ている。

「バルセロナのファンとしては残念だが、ムシアラはガビとペドリより優れている」

「テクニックと柔軟性ではムシアラがペドリより上だが、ゲームコントロールではペドリが上」

意見は様々だろうが、ペドリとムシアラは今最も勢いに乗っているU-19プレイヤーと言っていい。ベリンガムも優秀だが、ムシアラとペドリはより得点へ直結するプレイができる。

ムシアラは得点力が上がり、ペドリはアンドレス・イニエスタのように中盤をエレガントに支配できる。この2人を抑えるのは至難の業となりそうだが、日本はどう抑え込むのか。

さらにU-19市場価値ランキング8位にはスペイン代表FWジェレミー・ピノ(4000万ユーロ)の名前も入っており、両国が抱えるヤングタレントは異常なレベルにある。現世界最高級のU-19プレイヤーたちとのマッチアップもカタール大会での見所の1つとなるだろう。

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.275 カタールW杯GS展望

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:コラム

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ