J1通算550試合出場が目前の西川周作 さらなる高みを目指す守護神が記録に突き進む

550試合を勝利で飾れるか photo/Getty Images

ここまで549試合に出場

浦和レッズはJ1第31節でサンフレッチェ広島と対戦する。この試合に出場となれば、J1通算550試合出場となる男が西川周作だ。2013年まで所属した古巣との記念すべき試合を勝利で飾ることができるだろうか。

2005年に大分トリニータでプロデビューを果たし、高卒1年目で守護神の座を獲得すると、負傷で離脱が続いた2007年を除き、正GKとして存在感を発揮。2010年にサンフレッチェ広島へ移籍してもその存在感は変わらず、2013年までの4年間でJ1で欠場した試合はわずか「1」と絶対的な地位を確立。12、13年とJ1優勝にも貢献した。

そして2014年に浦和レッズへと移籍し、AFCチャンピオンズリーグ出場の関係で福島春樹が出場した2019年の1試合以外、2020年まではJ1全試合に出場。圧倒的なセービング能力と機を見た飛び出しに加え、正確なキックは得点の起点にもなるなど、西川の代名詞ともいえる。
昨季は鈴木彩艶に先発の座を譲る悔しい経験もしたが、ここでまた一段と強くなった男はチームを支え続け、ここまで549試合に出場。しかし西川は550試合へのこだわりはないだろう。昨季500試合達成時にも楢崎正剛(631試合)や阿部勇樹(590試合)を挙げ「チームに阿部選手というレジェンドがいるので、僕の500試合はまったくなんとも思っていない。楢崎選手の記録も追いついて追い越したい」と語るなど、さらに上を目指しており、西川にとっては通過点にすぎないだろう。

古巣の広島はルヴァンカップで決勝に進出しており、天皇杯の準決勝も水曜日に控えている。好調な相手との一戦だが、西川が好セーブを見せて広島攻撃陣をシャットアウトできるか。

記事一覧(新着順)

電子マガジン「ザ・ワールド」No.293 絶対無敵!レヴァークーゼン

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:コラム

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ