ライプツィヒへ復帰した元エースは輝きを取り戻す? 爆発的なスピードと得点力を再びドイツで見せる

ライプツィヒへ加入したヴェルナー photo/Getty Images

チェルシーから完全移籍で加入のヴェルナー

ライプツィヒはチェルシーからティモ・ヴェルナーを完全移籍で獲得することを発表した。圧倒的な得点力を発揮したドイツ時代への復活へ、ライプツィヒでの第2章がスタートする。

ヴェルナーは2020-21シーズンにチェルシーへ加入し、新エースとして期待されていたもののプレミアリーグでは自身のパフォーマンスを見せることができず。昨季はプレミア21試合4得点と苦しい1年となってしまった。

そんなヴェルナーは、2026年までの4年契約でライプツィヒへの移籍を決断。同クラブでは156試合90得点という驚異的なペースで得点を重ね、エースとして君臨していた。ドイツで再び自らの評価を上げることができるのだろうか。

圧倒的なスピードを武器に最終ラインの裏へ抜け出してゴールを奪うヴェルナー。クリストファー・エンクンクやアンドレ・シウバといったFW陣とどのような連携を見せてゴールまで奪うか。今季のヴェルナーの飛躍に期待したい。

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.273 プレミア最新勢力図

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:コラム

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ