B・シウバとバルセロナが個人合意に? シティの22-23シーズンは苦戦の年になるか

ベルナルド・シウバがマンチェスター・シティから離れるかもしれない photo/Getty images

移籍市場での動きが目立つバルセロナ

マンチェスター・シティは今夏の移籍市場でベルナルド・シウバを失うかもしれない。

英『Daily Mail』によればバルセロナはB・シウバを今夏の移籍期間の終盤に獲得できることを確信しているという。すでに個人的な合意には至っており、クラブ間での合意を得るだけのようだ。

そのためには様々な障壁があり、その一つにフレンキー・デ・ヨングの売却がある。しかしデ・ヨング本人は残留を希望しており、彼の去就が最大の障壁か。また解決に向かっていたとされる新戦力の選手登録問題も解決できていないようで、西『SPORT』は約200億円の資金調達が必要になると伝えている。バルセロナはこの解決策として先日売却に合意した「バルサスタジオ」の売却割合を高めることでこの窮地から抜け出そうとしているようだ。

依然バルセロナは財政面で難しい状況に陥っているが、それでもロベルト・レヴァンドフスキやハフィーニャ、ジュール・クンデを獲得する資金を作っており、移籍市場の終盤でB・シウバの獲得を無理にでも間に合わせてくる可能性がある。そのため既存戦力に減俸を求めるなどすでに行動に移しており、シティとしてはB・シウバの代役を本気で探す必要があるかもしれない。

候補として名前が挙がっているのが、リヨンのルーカス・パケタだ。攻撃的な中盤であり、昨季のリヨンでは9ゴール6アシストを記録している。守備でも献身的な姿勢を見せるプレイヤーではあるが、B・シウバの穴埋めとはならない。ポルトガル代表MFのように育てていくのかもしれないが、戦力ダウンは間違いない。

シティは今季ストライカーが2人加入しており、転換期を迎えている。そこに中盤での新たな変化が訪れれば近年の高い強度を誇っていた中盤を維持するのは難しい。さらにバルセロナは移籍市場の終盤にB・シウバ獲得を目指しており、シティは短い時間で代役を確保する必要がある。もしB・シウバが放出となれば22-23シーズンは思ったよりも難しいシーズンになるかもしれない。

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.271 J1勢力図2022夏

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:コラム

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ