宮市亮はE-1選手権で三笘のような役割を求められる? F・マリノスで“ジョーカー”として輝く韋駄天への期待

久しぶりの代表招集となった宮市亮 photo/Getty Images

スピードと技術を両立している

13日、日本サッカー協会からE-1選手権に臨む26人の日本代表が発表された。海外組は招集外となっており、目新しい選手が並ぶ新鮮なサムライブルーとなった。

注目すべき選手は横浜F・マリノスから招集されたFW宮市亮だ。アーセナルでプロのキャリアをスタートさせた珍しい経歴の持ち主で、2021年シーズンからJリーグでプレイしている。昨季は怪我の影響もあってリーグ戦での先発はなかったが、今季は既にリーグ戦で14試合にピッチに立っており、3ゴール3アシストの数字を残している。560分で6ゴールに関与しており、93分で1得点を決める得点力の高さを見せている。

宮市といえばそのスピードに注目が集まる。森保一監督も会見にて「爆発的なスピードで、上下動しながら、相手のゴールに迫っていく」とコメントしており、宮市の快速に期待していることが分かる。

今季の宮市はそのスピードに加えて得点に関与する術を身に着けている。サイドでボールを受けた際は縦への突破、中央へのカットインと2つの選択肢を持っており、対峙するDFに的を絞らせない。2022年シーズンでとくに輝きを放ったのは11節の浦和レッズ戦で、このゲームでは前半だけで1ゴール1アシストと止められないスーパーな活躍を披露している。

宮市はF・マリノスでもそうであるように代表でも終盤に投入されるジョーカーとしての役割を与えられると予想できる。短い時間でも少ないチャンスをものにできる選手であり、21節セレッソ大阪戦では、ビハインドの状況から投入され、宮市のシュートが起点となって仲川輝人がPKを獲得し、最終的には2-2の引き分けで試合を終えている。

フル代表でのジョーカーといえば三笘薫の名前が挙がる。スピードとテクニックを生かしたドリブルで相手陣地を切り裂き、少ないチャンスをものにする。森保監督はフル代表での三笘の役割をE-1選手権では宮市に求めることになるだろう。

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.272 ラ・リーガ新2強時代へ

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:コラム

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ