アジアのレベルでは抑えられない? サウジで《31戦24ゴール》と止まらぬイガロの脅威

サウジアラビアでゴールを量産するイガロ photo/Getty Images

国内リーグ得点王に

サウジアラビア国内では手がつけられなかったか。今季のサウジ・プロフェッショナルリーグで得点王を獲得したのは、アル・ヒラルでプレイする33歳のナイジェリア代表FWオディオン・イガロだった。

2020年の冬にはマンチェスター・ユナイテッドにレンタルで加入するなど、イガロは30代に入ってからも高い評価を得てきたストライカーだ。2021年の冬にアル・シャバブに加入し、その後アル・ヒラルへ移籍したのだが、イガロのペースはアル・シャバブでもアル・ヒラルでも落ちなかった。

今季は国内リーグ31試合に出場して24ゴールと圧倒的で、アル・ヒラルもリーグ制覇を達成。イガロはアジア・チャンピオンズリーグ(ACL)の方でも4試合で2ゴールを挙げており、アル・ヒラルはベスト16へ駒を進めている。アジアのレベルでイガロを抑えるのは至難の業か。

ちなみに、今季のサウジ・プロフェッショナルリーグ得点ランクは上位9人が外国人助っ人で占められている。イガロに次ぐ2位はブラジル人FWロマリーニョ(アル・イテハド)とブラジル人MFタリスカ(アル・ナスル)で20ゴール、4位はカメルーン代表FWレアンドレ・タワンバ(アル・タアーウン)で18ゴール、5位はモロッコ代表FWアブデルラザク・ハムダラー(アル・イテハド)で15ゴールと続いており、この外国人助っ人の威力は驚異的だ。

ACLベスト16にはサウジアラビアからアル・ヒラル、アル・シャバブ、アル・ファイサリーが進んでおり、日本勢が優勝するには超えなければならない壁だ。イガロ擁するアル・ヒラルは特に危険な相手で、アジアに彼ら外国人助っ人を止められるチームは存在するか。

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.272 ラ・リーガ新2強時代へ

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:コラム

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ