マンU行きが噂されるティンバーはアヤックス残留を示唆? やはりCLに出られないことがネックか

残留と移籍どちらを選ぶのか photo/Getty Images

テン・ハーグ監督は彼を連れていきたいだろう

アヤックスでその手腕を発揮していたエリック・テン・ハーグ監督を新指揮官として選んだマンチェスター・ユナイテッド。テン・ハーグ監督は多くの教え子たちをマンUに集めると噂されており、今季彼の下で活躍したDFユリエン・ティンバーも候補の1人となっている。

今季のティンバーはリーグ戦30試合に出場するなど、アヤックスのリーグ2連覇に大きく貢献。179cmとCBにしては小さめのサイズだが、近年のCBに求められるビルドアップ能力や対人守備などに強みを持ち、背の低さも高い身体能力でカバーできる選手だ。

ティンバーには右SBとしてもチームに貢献できるユーティリティ性もあり、CBも右SBも補強が必要とされているマンUにおいて、彼が加われば大きなプラスとなることは間違いない。

しかし、オランダ『Telegraaf』によれば、ティンバーはアヤックスに留まることを示唆しているようだ。6月のオランダ代表にも選ばれたティンバーは、目の前の代表戦に集中していることを強調しながら、自らの将来をもう少し考えなければならないと明かした。

「ビッグクラブに行くのもいいが、そこでプレイできないのであれば、アヤックスにいた方がいい。アヤックスもビッグクラブだし、チャンピオンズリーグにも出場できる。オランダ屈指の選手たちとも一緒にプレイできるんだ」

マンUは今季6位でシーズンを終えており、来季のCL出場権は逃してしまった。アヤックスとティンバーの契約はまだ2年残っており、11月にはカタールW杯も控えている。まだ20歳の若さであることを考えれば、今夏に急いで移籍する必要もないだろう。

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.270 欧州4大リーグ2021-22

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:コラム

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ