来季のメッシはリーグ・アンでも“20アシスト”超えられるか 目指すはディ・マリア超えだ

今季は14アシスト記録したメッシ photo/Getty Images

チャンスメイクの部分は1年目から機能していた

サッカーファンに衝撃を与えた残留宣言もあり、おそらくは来季もパリ・サンジェルマンでリオネル・メッシ、キリアン・ムバッペ、ネイマールによるMMNトリオが継続となる可能性が高くなった。

この破壊的トリオを1シーズンしか見られないのは寂しいものがあり、連携も深まった2年目の来季には本格爆発も期待できる。

中でも注目したいのがメッシのチャンスメイクだ。リーグ・アン初挑戦のメッシは何かと厳しい批判を受けることもあったが、今季リーグ戦ではムバッペに次いで第2位となる14アシストを記録。このチャンスメイクの部分はさすがだ。

来季もムバッペを活かすことが期待されるが、目指してほしいのはパリでチームメイトだったMFアンヘル・ディ・マリアが2015-16シーズンに記録したリーグ戦18アシストの数字だ。

これはリーグ・アンのシーズン記録では最多の数字となっており、メッシならば十分に狙えるはず。今季はムバッペが17アシストを記録したが、それでも1本及ばなかった。

リーグ・アンに慣れてきた2年目のメッシならばディ・マリア超えも狙えるはずで、チャンスメイクの部分は来季開幕から大いに期待できるだろう。

もちろんチャンピオンズリーグでの活躍にも期待がかかり、さらなる好連携が期待されるメッシ&ムバッペのホットラインからゴールを量産できるのか注目される。

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.270 欧州4大リーグ2021-22

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:コラム

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ