ペドリ、L・ディアス、キエーザ、そしてポグバ もう来季の活躍が待ち切れない“主役候補”たち

来季のディアスはもっと数字を残せるはず photo/Getty Images

期待の若手から、移籍噂される実力者も

まだ今季の戦いがすべて終了したわけではないが、すでに来季の新シーズンへ向けた楽しみは広がっている。来季に特別な輝きを放つのではないかと期待されている選手が数名いるのだ。

例えば今冬の移籍組だ。FCポルトからリヴァプールへ移籍したFWルイス・ディアス、バルセロナからアストン・ヴィラにレンタル移籍し、今月に完全移籍へと切り替えることになったMFフィリペ・コウチーニョの2人は要注目だろう。

コウチーニョはアストン・ヴィラへの移籍から明らかに状態を上げ、ディアスは初の欧州5大リーグ挑戦ながら、すぐさまリヴァプールの戦力になった。コウチーニョは今年のワールドカップでセレソンに入るべくアピールに燃えているはずで、ディアスの方は来季3トップの一角を我が物にしてやろうと意気込んでることだろう。モチベーション高く来季をスタートさせるはずで、この2人はさらなる成績アップが期待される。

怪我が目立った選手では、バルセロナMFペドリ、ユヴェントスFWフェデリコ・キエーザには期待がかかる。ペドリは今季の活躍でワールドクラスMFとしての地位を確立することになり、新時代の英雄候補だ。怪我なく来季を戦えれば、数字もチームの成績もかなり上がってくるのではないか。今年はワールドカップもあり、スペイン代表でも主役になれるはず。グループステージで同居する日本としては厄介だが、来季はペドリがさらに評価を上げるシーズンになる可能性が高い。

ポグバは移籍の可能性含め今後の注目選手だ photo/Getty Images

イタリア代表FWキエーザの場合は昨夏のEURO2020制覇へ大きく貢献したことで評価が上昇したが、今季は怪我でシーズンの大半を棒に振ってしまった。しかしEUROで見せていたパフォーマンスは本物であり、今後のイタリア代表を引っ張っていく選手の1人なのは間違いない。ユヴェントスも今夏にFWパウロ・ディバラと別れることが決まっており、英『90min』も「ディバラ後の時代へ特別な存在となり、10番の背番号を受け継ぐと見られる」と来季以降のキエーザに大きな期待をかけている。

そしてもう1人。同メディアが来季の活躍をプッシュするのが、マンチェスター・ユナイテッドを離れる可能性が高いとされるMFポール・ポグバである。マンUではどこかスタイルにフィットしないところがあったが、移籍するならばポグバ本人のモチベーションも高くなると予想される。元より能力は高いため、スタイルさえ合えばチームの主役になれるはず。

果たして彼らの新シーズンはどうなるのか。上記の選手たちが来季の開幕からロケットスタートを切る可能性もあり、そのあたりは今からの注目ポイントだ。

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.270 欧州4大リーグ2021-22

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:コラム

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ