昨季2部で“106ゴール”の攻撃陣をけん引した19歳 リヴァプール加入が決まった男の起用法は

昨季は10ゴール8アシストを記録 photo/Getty Images

カルバーリョの獲得が決定した

リヴァプールは今季チャンピオンシップを制したフラムからファビオ・カルバーリョを獲得したことを正式に発表した。7月からチームに加入となる。昨季プレミアリーグでデビューを果たし、今季2部で覚醒した19歳はチームでどのような輝きを見せるだろうか。

フラムのアカデミーから、2021年にトップチームへと昇格したカルバーリョ。1年目の昨季はサウサンプトンを相手にゴールを決めるなど、センセーショナルな活躍を見せたがチームは2部降格を経験した。カテゴリは1つ下がってしまったが、チーム内では主力の座をつかんだ同選手は、今季大きな飛躍を遂げてチームの優勝に貢献する。

今冬にはリヴァプールが獲得に迫るも正式決定には至らず。それでも2部で36試合10ゴール8アシストを記録する10代をチームは諦めず、改めて7月からの加入が決定した。フラムは今季のチャンピオンシップで46試合106ゴールという驚異的な攻撃力を見せており、そんな攻撃陣をトップ下で操っていたカルバーリョは、世界トップクラスのクラブで、さらなる飛躍に期待が寄せられる。

もともとはウイングの選手だったカルバーリョだが、マルコ・シウバ監督の下でトップ下の才能を見出された。リヴァプールへ加入するとなれば、再びウイングでプレイするか、インサイドハーフでの起用も考えられるだろう。今季はウインガーだったハーヴェイ・エリオットが中盤で起用されて高いポテンシャルを発揮した。彼のように中盤での起用も今後検討されるかもしれない。将来は彼とエリオット、カーティス・ジョーンズらがチームの中盤を担う存在となっていくだろう。

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.270 欧州4大リーグ2021-22

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:コラム

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ