ディバラ獲得の秘策はトッティの直談判 2年目のモウリーニョ・ローマでディバラが躍動するのか

最後のホームゲームでファンに応えるディバラ photo/Getty Images

ディバラ獲得を目論むビッグクラブ多数

契約満了に伴い、さまざまな移籍先が噂されているユヴェントスの10番パウロ・ディバラ。ジョゼ・モウリーニョ監督がチームを率いるローマも彼を狙っているクラブの1つのようだ。

ローマはイタリア代表の若きスター、ニコロ・ザニオーロとの契約延長が進んでおらず、今夏に移籍する可能性が噂されている。そんな事情もあり、英『Daily Mail』はモウリーニョ監督がザニオーロの代役としてディバラ獲得を望んでいると報じた。

伊『Gazzetta dello Sport』によれば、インテルがディバラ獲得争いを一歩リードしているという情報もあるが、ローマにはディバラ獲得に向けた秘策がある。それはローマの象徴、フランチェスコ・トッティ氏の直談判だ。

トッティ氏本人が伊『Sky Sport』に語ったところによると、サミュエル・エトー氏がサン・シーロで開催するチャリティマッチにトッティ氏も参加するようで、その試合にはディバラもやってくるという。そこでトッティ氏は直接ローマに来るよう彼を説得するつもりだと話している。

ローマはセリエA最終節でトリノに勝利し、来季のヨーロッパリーグ出場を決めた。現時点での選手としての完成度はザニオーロよりディバラに軍配が上がり、加入すればヨーロッパリーグを戦う上で頼れる選手となることは間違いない。

これまでのモウリーニョ監督は就任後2年目で結果を出してきたことで有名で、来季のローマにはタイトル獲得が期待されるが、はたしてディバラはその立役者となるのか。

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.270 欧州4大リーグ2021-22

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:コラム

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ