三笘薫の“仕掛け”はプレミアでも通用するのか ベルギーで8ゴール4アシストの実力を試すとき

きっちりとベルギーで結果を出した三笘 photo/Getty Images

三笘&ウンダフのコンビはブライトンの希望

現時点でプレミアリーグ10位に入っているブライトンでは、すでに来季への期待感が高まっている。その理由に挙げられるのが、ベルギーのロイヤル・ユニオン・サン・ジロワーズで充実のシーズンを過ごしたFWデニス・ウンダフと日本代表FW三笘薫の存在である。

三笘はブライトンからロイヤル・ユニオン・サン・ジロワーズにレンタル移籍しており、来季からプレミアでプレイする可能性が高まっている。ウンダフの方も来季からブライトンに合流することが決定済みだ。三笘は今季8ゴール4アシスト、センターフォワードのウンダフに至っては27ゴール13アシストの成績を残しており、この2人にかかる期待は大きい。

地元メディア『Sussex Live』も2人の到着を待ちわびており、この2人が計算できる場合は前線の補強プランが変わってくると主張。三笘の場合は主に左サイドから仕掛けることを得意としているが、その突破力がプレミアリーグでも通用するレベルにあると判断された場合は今夏にブライトンが新ウイングの獲得へ動くことは無くなるとの見方だ。

今季のブライトンは現時点で10位につけているが、チーム総得点数は39ゴールと少々物足りない。1つ上の9位に位置するレスター・シティが59ゴール奪っていることを考えると、ブライトンの課題が攻撃力アップにあるのは明らか。

現時点で40ゴールに達していないのは8位ウォルバーハンプトン(37ゴール)、16位エヴァートン(39ゴール)、18位バーンリー(32ゴール)、19位ワトフォード(33ゴール)、20位ノリッジ・シティ(25ゴール)の5チームと、ブライトンのみ。

ベルギー国内リーグと5大リーグの1つであるプレミアリーグではレベルに違いはあるが、三笘とウンダフのコンビはどこまで攻撃力を高められるのか。この2人がフィットするならば、トップ10入りも夢ではなくなるか。

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.270 欧州4大リーグ2021-22

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:コラム

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ