バルサ、レアル相手にゴール決める得点力に衰えなし 36歳迎えたファルカオが魅せる嗅覚

ラージョで活躍するファルカオ photo/Getty Images

まだ5大リーグで通用するストライカー

今季よりリーガ・エスパニョーラに昇格してきたラージョ・バジェカーノは、バルセロナ相手に2勝を収めるなど想定外のパフォーマンスを見せてくれた。前半戦に比べると順位は落ちてしまったが、それでも昇格1年目の現時点で11位は悪くない。

中でも大きな存在となったのは昨夏に加わった36歳のベテランFWラダメル・ファルカオだ。

今季リーグ戦での得点数は6点となっており、全盛期に比べるとパフォーマンスレベルは落ちているかもしれない。それでもゴール前での勝負強さは健在で、今季はバルセロナ、レアル・マドリード、レアル・ソシエダといった上位陣からゴールを奪っている。

残念ながら今季は筋肉の故障で離脱していた期間があり、チームはそこで勝ち点を落としてしまった。ファルカオがフルシーズンを戦えていれば、もっと上を狙えたかもしれない。

クラブとの契約は今季限りとなっているが、スペイン『as』は契約更新に向けた話し合いがあるはずと見ている。36歳と大ベテランではあるが、まだまだ5大リーグで活躍できる選手だろう。ペナルティエリアでの動き出しは生まれ持っての感性に加えて経験値も重要になってくる。まだまだファルカオは一流DFの裏を突けるストライカーと言えよう。

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.269 欧州決戦クライマックス

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:コラム

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ