FC東京の外国人アタッカーがさらなる強みに 復調する助っ人がアルベルスタイルの幅を広げる

助っ人のゴールも増やしたいところだ photo/Getty Images

アダイウトンとレアンドロの得点でG大阪に勝利

J1第10節でFC東京はガンバ大阪と対戦し、2-0でFC東京が勝利した。ゴールを決めたのはアダイウトンとレアンドロの外国人2選手。FC東京が誇るアタッカーが目覚めだしたとき、チームはさらに強さを増していく。

先制点はセットプレイからのエンリケ・トレヴィザンのヘッドがバーに跳ね返り、それにアダイウトンが反応。ダイレクトでシュートを決め切り、新しくなった国立競技場のJリーグ第1号の得点を決める。さらに途中出場のレアンドロが個人技で中央突破を図ると、ゴールネットを揺らし追加点を奪った。

2019年には長谷川健太監督の下で、前線の強力な攻撃陣を据えてJ1で優勝争いを演じたFC東京。翌年にはルヴァンカップを制するなど、チームは大きく進化していった。しかし昨年は彼らが欠場することも多く、本調子とはいかずにチームも厳しいシーズンを送ることになった。
そして今季はアルベル・プッチ・オルトネダ監督の下で、新たなサッカーに取り組んでいる。そんな中でもディエゴ・オリヴェイラやアダイウトン、レアンドロといった長谷川体制時のアタッカーが残っており、彼らが本来の力を発揮すれば、チームはさらに恐ろしい強さを手に入れる。

アルベル監督はボールを保持してポゼッションを高めながら攻撃するスタイルを志向するが、アダイウトン、レアンドロといったスピードとテクニックを持つ前線を揃えることで、カウンターでも大きな脅威になるだろう。復調する助っ人が、攻撃時に2つの顔を持つ強力な攻撃陣を完成させる。

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.269 欧州決戦クライマックス

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:コラム

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ