新加入FW陣の活躍にデンベレがブレイクも…… 今冬バルサ加入も出場機会減らすトラオレの課題

トラオレのゴールは見られるか photo/Getty Images

1月にウルブズから加入した

今冬にバルセロナへと復帰したアダマ・トラオレ。バルセロナ・スタイル復活に向け、アカデミー出身でプレミアリーグで躍動するウィンガーの獲得は大きな期待を集めた。

ただ勢いに乗っているバルセロナにおいてトラオレの存在感はあまり濃くない。同時期に加入したピエール・エメリク・オバメヤンやフェラン・トーレスといったFWたちが得点を量産しており、前線をけん引している。彼らは加入してすぐに結果を残し、存在感を発揮しているのだ。

またウスマン・デンベレの復調も、トラオレからすると予想外だったかもしれない。怪我を繰り返し、チームに貢献できておらず、今シーズン限りの契約もいまだ延長はなく退団はやむなしの状況だった。それでもシャビ・エルナンデス監督が怪我から復帰した彼を起用すると大きな活躍を見せ、右ウイングのレギュラーを勝ち取る。デンベレがチームの勢いを加速させる要因となったことは間違いないだろう。

そんな彼らに押し出されるような形で先発機会が減っているトラオレ。バルサで主力となるためには、やはり得点力の向上が一番重要となっていきそうだ。オバメヤンやF・トーレスが結果を残して信頼を得ている部分もあるため、ウォルバーハンプトン時代から課題の1つであったゴールやアシストといった結果を残すプレイが出せるか、バルサで生き残るためには、自らの課題に正面から向き合うことが大切かもしれない。

記事一覧(新着順)

電子マガジン「ザ・ワールド」No.295 なでしこ、飛翔せよ!

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:コラム

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ