2戦連発弾で宮崎のエースとなる工藤壮人 初挑戦のJ3でチームを勝利に導く一発を決められるか

宮崎で存在感を示す(写真はイメージ) photo/Getty Images

相模原戦で先制ゴールを記録

今季からテゲバジャーロ宮崎へと加入した工藤壮人が、J3第3節のSC相模原戦でゴールを記録。チームは1-2と敗戦したものの、2戦連発弾となる先制点を決め自らの調子の良さをアピールした。

試合はスコアレスで迎えた前半アディショナルタイム、右サイドからのクロスに反応した工藤が混戦の中でゴールネットを揺らし、先制点をゲットした。強固な相模原守備陣に対し一度は防がれるものの、工藤はゴール前で最後まで粘って得点へとつなげていった。

柏レイソルで頭角を現し、クラブでJ1優勝など数々の栄光に輝いた工藤。メジャーリーグ・サッカーやAリーグも経験したベテランは、初挑戦となったJ3の舞台でも自らの得点センスを見せつけて得点を生み出した。

前節のギラヴァンツ北九州戦でも先制点となるゴールを決め、2試合連続弾となった工藤。しかしこの試合もチームは同点に追いつかれ2-2で終了しており、開幕戦以降勝利を手にできていない。次は工藤の勝利を導くゴールで勝ち点3をもたらすことができるだろうか。

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.270 欧州4大リーグ2021-22

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:コラム

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ