相手FWに仕事をさせず先制ヘッドもさく裂 犬飼智也が武器を活かして浦和の守備をけん引

移籍後初得点の犬飼 photo/Getty Images

京都戦以来となる先発出場を飾る

浦和レッズはJ1第5節でジュビロ磐田と対戦し、4-1で勝利した。今試合で先発出場を果たした犬飼智也が、先制点を奪う活躍でチームに勝利にもたらす。

第1節の京都サンガFC戦以来となるスタメン出場の犬飼。攻撃時にはアレクサンダー・ショルツと大畑歩夢との3バックを形成し、中央でパスの配給役となった。

さらに犬飼は自身の特長である長身を活かしたヘディングでゴールを奪う。岩尾憲のCKでニアに飛び込むと、ボールを頭ですらせてゴールネットを揺らす。貴重な移籍後初ゴールが浦和の大勝を呼び込むきっかけとなった。

今季鹿島アントラーズから加入した犬飼は、フィジカルの強さとパス能力の高さを武器とするセンターバックだ。今試合でもジャーメイン良やファビアン・ゴンザレスといったFW陣を完璧に抑え込み、決定機を作らせず。攻守にわたって存在感を見せた犬飼が磐田撃破に貢献した。

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.270 欧州4大リーグ2021-22

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:コラム

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ