ドイツで守備面の成長見せる攻撃的SB レヴァークーゼンで攻守に存在感を発揮

セルティックから加入したフリンポン photo/Getty Images

今季主力として出場しているフリンポン

今季のレヴァークーゼンでレギュラーを掴んだサイドバックは、守備で大きな成長を見せている。右サイドバックで今季23試合に出場するジェレミー・フリンポンだ。

積極的なオーバーラップとスピードを武器に攻撃の勢いを増加させる同選手。今季はすでに6アシストを決めており、攻撃面で高く貢献している。

ただフリンポンは序盤戦では守備面で脆さを見せており、右サイドから突破されて失点することも少なくはなかった。徐々に試合を通して守備を安定させていくと、ブンデスリーガ第24節のビーレフェルト戦では、積極的にタックルやインターセプトで守備でも貢献。またデュエル勝利数「7」とフロリアン・ヴィルツに次ぐスタッツを残しており、球際の強さも強化されているのだ(データは『SofaScore』より)。

マンチェスター・シティのアカデミー出身で昨季セルティックから加入し、今季は本格的に主力として起用されているフリンポン。彼がさらに経験を積んで攻守に存在感を示すことで、レヴァークーゼンの将来を担う存在として期待できる。

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.269 欧州決戦クライマックス

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:コラム

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ