23歳で熟練の守備を披露するアレクサンダー・アーノルド チェルシー攻撃陣をゼロに抑える貢献度

PKキッカーも成功したアレクサンダー・アーノルド photo/Getty Images

今試合も右サイドバックで先発出場した

カラバオカップ決勝でリヴァプールはチェルシーと対戦。0-0からPK戦の末に勝利し、優勝を勝ち取った。この試合でスタメン出場したトレント・アレクサンダー・アーノルドは、守備で高いスタッツを見せて優勝に貢献している。

チェルシーは高いバックラインの裏へ何度も攻め込んでチャンスを作った。特に右サイドバックのアレクサンダー・アーノルドの裏は高いキック精度を持つマルコス・アロンソとスピードを武器とするクリスティアン・プリシッチがスペースに顔を出し、決定的な場面を創出した。

そんな中で守備に追われる時間も多かったアレクサンダー・アーノルドだったが、3度のインターセプト、2度のタックルの成功など守備でもチームに貢献。モハメド・サラーやジョーダン・ヘンダーソンとの右サイドの連携で相手の突破口を封じるために奔走した。

攻撃面でもセットプレイのキックから幻のゴールを生むなど、得点機も作り出した。攻守において右サイドでチームのために貢献したアレクサンダー・アーノルド。今試合では今までのような美しいクロスなどの貢献ではなく、守備でチームを盛り上げた。彼もカラバオカップを制したリヴァプールにおいて外せない選手の1人だ。

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.269 欧州決戦クライマックス

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:コラム

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ