早くもプレミアでの前半戦4ゴールに並ぶ大活躍 韋駄天FWに訪れたバルセロナでの転機

ここ3試合で6ゴール決めており、好調ぶりが伝わるオバメヤン photo/Getty images

早くもポジションを掴んだ

今冬の移籍市場ではマンチェスター・シティからフェラン・トーレス、ウルブズからアダマ・トラオレ、アーセナルからピエール・エメリク・オバメヤンを獲得したバルセロナ。目玉はシティから獲得したトーレスであり、移籍金は5500万ユーロといわれている。

しかし、現状チームをけん引しているのはそのトーレスではなくオバメヤンだ。2018年にボルシア・ドルトムントからアーセナルに加入したガボン代表FW。初年度から22ゴールを決めるなど頼れるストライカーだったが、徐々にチーム内での存在感が薄れていき規律違反もあってトレーニングから追放。最後は双方合意のもとで契約解除し、冬の移籍市場でバルセロナにやってきた。

アーセナルでの晩年は決していいものではなく、旬の過ぎた選手のように扱われていたが、バルセロナのパフォーマンスをみればそうではなかったことがわかる。スピードを生かした裏への抜け出しはもちろん、前線でのポストプレイも可能であり、プレイのバリエーションが豊富な選手だ。サイドに流れてからのクロスも絶品であり、現状のセンターフォワードはオバメヤンで決まりだろう。

そして、なんといっても決定力が高い。直近の3試合はバレンシア戦のハットトリックを含む6ゴールを決めており、早くもシャビ・エルナンデス監督からの信頼を得ている。アスレティック戦でのゴールは簡単なものではなかったが、それを決めきる技術の高さを見せている。リーグ戦では4ゴール目であり、今季前半戦のアーセナルの数字に早くも並ぶことになった。

アーセナルではポジションを失うも、環境を変えて再スタートを切ったオバメヤン。スペインでの活躍はセンセーショナルであり、これを継続できればより評価は高まるはずだ。

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.269 欧州決戦クライマックス

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:コラム

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ