SB起用も存在感見せる大宮の司令塔 今季新境地を開拓する小野雅史

昨季から左SBも兼任する小野(写真は昨季) photo/Getty Images

本来は2列目での起用が多い小野

大宮アルディージャはJ2第2節でアルビレックス新潟と対戦し、2-2のドローで決着した。今試合で開幕戦同様に左サイドバックとしてスタメン出場した小野雅史は、積極的なオーバーラップを見せて攻撃を活性化させた。

左サイドハーフの柴山昌也とともに左サイドで攻撃の起点となっていた小野。今試合でも足元の技術やパス精度の高さを武器に攻撃のギアを入れる役目を担うなど、存在感を発揮していた。

2019年に明治大学から加入した小野は本来MF登録であり、ボランチや左サイドハーフで司令塔を務めていた。そんな彼が、昨季途中から就任した霜田正浩監督の下で新境地を開拓しているのだ。

正確なキックや積極的な攻撃参加で司令塔となれるサイドバックは、今後も大宮の起点となるだろう。またボール奪取能力も高くDFを務める守備力も十分に備わっている。新たな進化を遂げた小野のさらなる躍進にも注目したい。

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.269 欧州決戦クライマックス

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:コラム

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ