攻守に存在感増す“新潟の心臓” アンカー起用の高宇洋が中盤を支える

世代別代表にも選出されている高宇洋 photo/Getty Images

今季の新潟は彼が支えていく

アルビレックス新潟は、J2開幕戦でベガルタ仙台と対戦。両チーム得点はなくスコアレスドローで決着した。高宇洋は広大なスペースを運動量豊富に走り切り、新たな新潟の要となるだろう。

昨季は2ボランチの一角としてレギュラーだった高は、今シーズンの開幕戦で[4-1-2-3]のアンカーを務める。より攻撃的なシステムで中盤を担った男は攻守において自身の持ち味を発揮。オフェンス時には自ら積極的に飛び出して攻撃参加し、守備時には最終ラインや両脇のスペースにカバーに入った。

今季アルベル・プッチ・オルトネダ監督から松橋力蔵監督へと代わった新潟は、昨季のフォーメーションから中盤の構成を変更した。そんな中でアンカーは中盤のキーとなり、ポゼッション時も彼を経由して攻撃のギアを上げていく。高はチームにとって欠かせないプレイヤーとなるだろう。

また高は昨季、インターセプト数でリーグトップを記録した。今シーズンはアンカーとして守備面でもさらなる成長を遂げるはずだ。今後も攻守において輝きを放つ“新潟の心臓”に注目したい。

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.269 欧州決戦クライマックス

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:コラム

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ