ズーレの後釜は“セリエA最高級DF”? バイエルンが照準定める対人性能抜群のCBとは

バイエルンが獲得候補にリストアップしているとされるブレーメル photo/Getty Images

セリエA屈指の守備スタッツを誇るCB

夏の移籍市場にて、主力センターバックのひとりであったドイツ代表DFニクラス・ズーレがライバルクラブのドルトムントへと移籍することとなったバイエルン・ミュンヘン。次世代の守備陣を担っていく存在と期待されていたものの、別れは突然に訪れてしまった。パフォーマンスに波のある選手ではあったものの、彼の退団は間違いなく痛手だ。

それだけに、シーズン終了後のバイエルンはズーレの後釜探しを行わなければならないだろう。ダヨ・ウパメカノやタンギー・クアッシといった楽しみな逸材たちに加えて経験豊富なリュカ・エルナンデスもいるが、過密日程を乗り切る上では枚数自体が心もとない。ズーレが抜ける以上、その穴埋めは必須と言えよう。

では、そんななかでバイエルンが目をつけているのはどんな選手なのか。現時点で有力候補の一人と目されているのは、セリエAのトリノに所属するブラジル人DFブレーメル(24)だ。独『Spox』によると、バイエルンはかねてより同選手の獲得に興味を示していたようで、移籍金の額次第で彼の確保に迫るようだ。

今季はセリエAで22試合に出場し、リーグで4番目に少ない失点数(25点)を誇っているトリノ守備陣を牽引しているブレーメル。データサイト『SofaSocre』によると、21-22シーズンの同選手はインターセプト数(76回)や空中戦勝利数(84回)でいずれもリーグDF中トップの数字を記録している。対人守備には絶対の自信を持っており、加入となればバイエルンにとって大きな補強となることは間違いない。

やや移籍金が高額だと伝えられている面もあるが、ズーレの後釜を探すバイエルンにとっては夏のトップターゲットとなる可能性が高いブレーメル。はたして、ドイツの絶対王者はセリエAで圧倒的な存在感を放つ守備者を確保することができるのか。今後の動向には注目だ。

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.269 欧州決戦クライマックス

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:コラム

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ