アドゥー、グリーンら“アメリカの金の卵”はなぜ…… 黄金世代に入れなかった4人の逸材

若い頃は期待されていたアドゥー photo/Getty Images

10代の頃は大いに注目されていたが……

近年はアメリカサッカー界からチェルシー所属FWクリスティアン・プリシッチ、ドルトムント所属MFジョバンニ・レイナなど、特大のポテンシャルを持つ若手が続々と出てきている。

彼らはアメリカサッカーの新時代を感じさせるプレイヤーではあるものの、これは今に始まったことではない。過去にもアメリカからは世界を騒がせる若手が何人か出てきていたのだが、これが悉くヒットしなかったのだ。

1.フレディー・アドゥー

若い頃のインパクトならアドゥが1番だろうか。飛び級で世代別代表に選ばれていた攻撃的MFのアドゥーは、2004年に14歳でMLSデビューを果たした超新星だった。しかもそのシーズンには得点まで記録しており、スタートは驚くほど順調だったのだ。

2年後にはアメリカA代表デビューも果たし、その翌年にはポルトガルの強豪ベンフィカへ移籍。誰もが欧州でもインパクトを残すと考えたものだが、これが大失敗に終わってしまった。

持ち前の得点力を発揮できず、それはレンタル移籍したフランスのモナコ、ポルトガルのベレネンセス、ギリシャのアリス、トルコのチャイクル・リゼスポルでも変わらなかった。

それからもセルビア、フィンランドに向かったものの、結局2015年にアメリカへ戻ってきた。MLSでの通算成績も133試合で19得点のみとかなり寂しい数字になっており、アメリカの神童は大成しなかった。今は32歳だが、昨年2月からフリーの状態が続いている。

2.ゲディオン・ゼラレム

ゼラレムはドイツ出身のMFだが、2015年にはアメリカ国籍を取得。アメリカの世代別代表でプレイした経験を持ち、若い頃はアーセナルの下部組織に在籍していた。ゼラレムの名前を知っているサッカーファンは多いだろう。

アカデミーの頃より有名な存在ではあったが、プレミアリーグのピッチには立てなかった。スコットランドのレンジャーズ、オランダのVVVフェンロにレンタル移籍していた期間もあったが、2019年にアーセナルはゼラレムを手放した。

現在はアメリカのニューヨーク・シティFCでプレイを続けているが、ここでも目立った結果は残せていない。ゼラレムはまだ25歳と若い選手だが、ここからA代表に入るような活躍を見せられるのか。現状のままではかなり厳しいと言わざるを得ない。

グリーンは今もグロイター・ヒュルトでプレイを続けている photo/Getty Images

バイエルンの下部組織にいた者も

3.キャメロン・カッター・ヴィッカース

10代をイングランドのアカデミーで過ごした選手では、カッター・ヴィッカースも有名だ。アメリカのA代表でプレイした経験も持っているセンターバックで、トッテナムのアカデミーで技を磨いてきた。

しかし、トッテナムのトップチームでは通算5試合に出場したのみだ。今もトッテナムと契約を結んではいるものの、2017年からは実に7度もレンタル移籍を続けてきた。シェフィールド・ユナイテッド、イプスウィッチ・タウン、ルートン・タウンなど下位リーグのクラブを転々とし、そして今季からはスコットランドのセルティックにレンタル移籍中だ。つまりは、日本代表の前田大然や古橋亨梧たちとチームメイトなのだ。

一応セルティックでは主力センターバックとしてプレイを続けており、前述した2人に比べてカッター・ヴィッカースはまずまずのキャリアを歩んでいるように見える。ただ、若い頃から期待されながら最後の代表戦出場が2019年の夏というのは物足りない。期待通りのキャリアとはなっていないのだ。まだ24歳と若いが、ここからA代表の主力に入っていけるかは未知数だ。

4.ユリアン・グリーン

グリーンも有名な選手だ。何よりあの名門バイエルン・ミュンヘンのアカデミーで育ったアタッカーで、トップチームでも4試合だけプレイした経験がある。

若くからドイツの名門と契約していたことからアメリカ国内での期待も大きかったが、さすがにバイエルンで定位置を確保することはできなかった。

26歳になった今はブンデスリーガ最下位に沈むグロイター・ヒュルトでプレイを続けているが、まだブンデスリーガ1部ではゴールを決めたことがない。ドイツ生活も長くなっているだけに、1部で無得点なのは寂しい。

グロイター・ヒュルトでの生活も2018年から続いているが、チームは今季また2部へ降格する可能性が高い。グリーンもブンデスリーガ2部の方では100試合以上に出場しているが、それでは今のアメリカ代表に割って入るのは難しいだろう。

2014年のワールドカップ・ブラジル大会ではベルギー相手にゴールも奪ったのだが、その後は主力になれず。最後の出場は2018年のことになる。


彼らは世界的にも有名な存在だったが、期待通りのキャリアとはなっていない。今のアメリカ代表が優秀な若手を多く揃える1つの黄金世代とするならば、ここにアドゥーやゼラレムら期待されていた逸材が加わることでもっと面白いチームとなったはず。上記の4人はアメリカサッカー界の波に乗れなかったところがあり、現状は少々寂しいものとなっている。

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.269 欧州決戦クライマックス

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:コラム

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ