カンセロを彷彿とさせる攻撃性 シティでの将来を嘱望されるブラジルの超新星DF

今季はポルトガルでプレイするコウト photo/Getty Images

ブラガで定位置を掴んでいる

カイル・ウォーカーやジョアン・カンセロのようにマンチェスター・シティのサイドバックにはワールドクラスの選手が揃っている。彼らは特に重要な選手であり、今後も重宝されることは間違いないだろう。

しかし、彼らに代われる存在としてオレクサンドル・ジンチェンコやネイサン・アケがいるものの、どちらもまだまだ改善の必要はある選手であり、新たな才能を見つける必要がある。そこでシティが期待しているのが、今季ポルトガルのブラガでプレイするDFヤン・コウト(19)だ。

ブラジルのコリチーバでデビューし、2020年にシティにやってきたコウト。昨季はスペイン2部のジローナにローン移籍しており、今季はブラガでプレイしている。ポルトガルでもスペイン同様に出場機会を得ており、ここまでチームで6番目のプレイタイムを得ている。

右のサイドバックを主戦場としている選手で今季は右ウイングバックとしてピッチに立っており、2アシストを記録している。ブラガは今季ポルトガルリーグで4位にクラブであり、コウトの実力の高さをうかがうことができる。

このまま好調を維持することができれば、22-23シーズンはイングランドでプレイしてもいいように思えるが、英『Manchester Evening News』ではコウトがプレミアでプレイするにはまだまだ時間が必要だと不安視している。

確かに168cmのサイズの小ささは気になる。何かと守備で批判されているカンセロも182cmであり、明らかにフィジカルが劣っていると感じたことはほぼない。

それでも、テクニックを生かしたドリブルスキルとカンセロのようにパスで局面を打開できる彼の能力は興味深い。ここまでのドリブル成功数10回はチームで5番目の数字であり、来季はトップチームで試すべきか。

コウトのスタイルは指揮官であるジョゼップ・グアルディオラの好みであることは間違いないが、今後はどのクラブでプレイすることになるか(データは『SofaScore』より)。

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.269 欧州決戦クライマックス

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:コラム

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ