アーセナルでは右SBとして評価を高める冨安健洋 日本代表では“どちらの顔”でプレイするのがベストか

イングランドで評価を高める冨安 photo/Getty Images

まずは試すべきだろう

日に日に上がっている日本代表DF冨安健洋の評価。アーセナルに移籍後は右サイドバックとして素晴らしいパフォーマンスを披露しており、元日に行われたマンチェスター・シティ戦でさらに評価を上げている。特にイングランド代表であるラヒーム・スターリングを完封したことが称賛されており、プレミアでもトップクラスのSBとなった。

そんな冨安だが、日本代表ではどこでプレイするのか。現状では吉田麻也とセンターバックでコンビを組んでおり、右SBには酒井宏樹と山根視来、左SBには長友佑都と中山雄太がサムライブルーでプレイする最終ラインの主なメンバーとなっている。

前述したメンバーでも悪くないが、冨安を右SBで起用するのも試してみたいところ。攻撃では酒井のような鋭いクロスを上げ、山根のような縦パスを供給することができる。守備面では既に日本でもトップクラスであり、安定感が増すことになるだろう。

また、冨安がポジションを変更することで恩恵を受ける選手が出てくる。招集歴のあるメンバーでは板倉滉、招集外であればドイツのシュツットガルトで評価を高めている伊藤洋輝やベルギーへ渡った町田浩樹がCBでプレイすることができる。どちらも優秀な選手だが、吉田冨安コンビの牙城を崩すのは至難の業であり、冨安を右に移したタイミングで彼らにチャンスを与えるのも悪くない。

ワールドカップ・カタール大会への出場を決める最終予選でのポジション変更は難しいといえるが、その後であればぜひとも試してもらいたい。冨安のCBは安定感があり悪いというわけではないが、所属クラブであるアーセナルではSBとして生き生きした姿を見せており、代表でも「アーセナルの冨安」を見てみたい。

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.269 欧州決戦クライマックス

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:コラム

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ