世界はもっと伊東純也を見るべき 11得点20アシストの1年に「ベルギー最高の選手の1人」

ヘンクで活躍を続ける伊東 photo/Getty Images

ベルギーリーグでも伊東、ボンゴンダ、オヌアチュの3トップは注目されている

今季チームの方は7勝5分8敗と波に乗れずにいるが、ベルギー1部リーグにてヘンクが抱える強烈3トップは高い評価を得ている。その一角を担うのが日本代表FW伊東純也である。

伊東についてベルギー『Voetbalnieuws』は、「日本の急行列車はベルギーリーグでも最高の選手の1人。彼の名前が移籍市場でなかなか上がってこないことは非常に印象的だ。彼は2021年に55試合で11得点に加え、20以上のアシストを記録。彼は非常に一貫した1年を過ごした」と絶賛する。

伊東とともに前線でユニットを組むのは、26歳のテオ・ボンゴンダ、そして200cmのサイズを誇るナイジェリアの怪物FWポール・オヌアチュだ。ボンゴンダは昨季リーグ戦で16得点を挙げており、オヌアチュの方はこの1年をトータルすると50試合で34得点と大暴れ。この3トップは2021年に59得点37アシストの成績を残した。ベルギーを代表する攻撃ユニットなのは間違いない。
そのユニットと比較されているのが、クラブ・ブルージュの抱えるFWノア・ラング、ハンス・ヴァナケン、チャールズ・デ・ケテラエルのトリオだ。

ブルージュのラングも注目 photo/Getty Images

ブルージュの2人には世界も熱視線

中でもオランダ代表に選ばれている22歳のラングは今年49戦19得点19アシスト、さらにベルギーの次世代を担うと期待される20歳の大型FWデ・ケテラエルは14得点13アシストを記録しており、この2人は移籍市場でも大きな注目を集めている。ベルギーリーグから出世する可能性が高い注目株だ。

このトリオは1年で51得点40アシストを記録。ヘンクのトリオと並んで高い評価を得ており、今のベルギーを代表する攻撃ユニットというわけだ。

伊東もかなり充実した1年を過ごすことになり、日本代表での存在感も増した。もう少し若ければ、伊東にも5大リーグのクラブが手を伸ばしてきたかもしれない。伊東としてはこの活躍をさらに1年間続け、来年のワールドカップへ繋げたいところだろう。

記事一覧(新着順)

電子マガジン「ザ・ワールド」No.294 改革者クロップの軌跡

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:コラム

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ