代表で10番を背負った43歳の来季はJ2へ 日本の至宝が自慢の左足で輝きを放つか

中村は今季のJ1で12試合の出場 photo/Getty Images

横浜FCに残留が決まった中村

横浜FCは中村俊輔との来季の契約を更新したことを発表した。今年で43歳を迎えた日本の至宝は、来シーズンはJ2の舞台で輝きを放つ。

横浜F・マリノスでは日本でセルティックではスコットランドで最優秀選手賞を獲得。日本代表でも10番を背負った男は、来季で日本で通算19シーズン目を迎えることとなる。

12試合0得点で終了した今シーズン。横浜FCは20位と最下位に終わり、人生初の降格を経験した。今季J1リーグ400試合出場を達成した43歳は、来季はJ2へ舞台を移すこととなった。中村はジュビロ磐田から横浜FCへと移籍した2019シーズン途中にJ2を経験。10試合1得点を記録してJ1昇格に貢献した。開幕からJ2を戦うのは来季が初めてとなるが、どのようなプレイを見せてくれるのだろうか。
彼の左足での高精度なキックで何度もスタジアムを沸かせてきた中村。イタリアやスコットランドでも高い技術を披露し、多くの経験値を得てきた彼は横浜FCの若手の模範にもなるだろう。43歳のレジェンドは精神的な支柱としても、来季J1復帰を狙うチームにとって大きな存在感を放っている。

記事一覧(新着順)

電子マガジン「ザ・ワールド」No.294 改革者クロップの軌跡

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:コラム

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ