扇原が抜けたマリノスの中盤はどうなる? 喜田の相方になることが予想される“2人のダイナモ”

喜田のパートナーは誰になるのか photo/Getty Images

また違ったマリノススタイルが見られることになる

2021年シーズンはリーグ戦2位でのフィニッシュとなった横浜F・マリノス。来季は今季優勝を成し遂げた川崎フロンターレを超えるためにオフシーズンでは既に積極補強に動いており、鹿島アントラーズから永戸勝也、セレッソ大阪から小池裕太、徳島ヴォルティスから藤田譲瑠チマ、ベガルタ仙台から西村拓真ら即戦力級の選手を獲得している。扇原貴宏やティーラトン・ブンマタンの退団が残念だが、総合的にみれば戦力アップとなっているはずだ。

早くも来季に向けて戦力が整い始めているマリノスだが、中盤は面白い選手たちが揃っている。前述したように扇原は抜けたが、穴埋めとしてスタイルは異なるが藤田が加入している。既存戦力であれば日本代表に選ばれた渡辺皓太、キャプテンの喜田拓也、センターバックでもプレイ可能な岩田智輝、チャンスメイクを得意とする天野純がいる。

気になる人選だが、来季も今季同様に[4-2-3-1]で戦うか。喜田はボールの刈り取り役としては最も実力のある選手であり、相方として激しいポジション争いが予想されるのが、渡辺と藤田だ。

どちらも豊富な運動力を武器にピッチを駆け回り、パスや守備で局面を有利に動かすことができるタイプだ。後方では配球役に徹しつつも、前線ではアタッキングサードで違いを見せることができる。ボックス・トゥ・ボックスやダイナモと呼ばれる選手たちであり、彼らを使い分けられるのは非常に贅沢だといえる。

渡辺としては強力なライバルの出現であり、藤田としても同様の気持ちだろう。現時点ではマリノスでの在籍数の長い渡辺が有利だといえるが、来季はどちらの選手が喜田と共に中盤でプレイするのだろうか。

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.269 欧州決戦クライマックス

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:コラム

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ