欧州未経験ながらその実力は世界最高の100人に入る? アルゼンチンで得点を量産する“NEXTアグエロ”

複数のビッグクラブから関心を寄せられているアルバレス photo/Getty Images

注目すべき選手だ

セルヒオ・アグエロやルイス・スアレス、エディソン・カバーニと南米出身のFWは欧州で結果を残している。今季であればヴィニシウス・ジュニオールが覚醒しており、カリム・ベンゼマと共にレアル・マドリードをけん引している。

現在では彼らに及ばないが、今後彼らと同じクオリティを出せる可能性を持つ選手がいる。リーベル・プレートのFWフリアン・アルバレスだ。

2000年生まれ21歳のアルバレス。アルゼンチンの名門に在籍しており、今季は21試合で18ゴール6アシストと大暴れしている。もちろん、リーグでは単独での得点王であり、このまま独走できるか期待がかかる。

そんなアルバレスだが、欧州のビッグクラブから関心を寄せられているプレイヤーだ。英『90min』によればマンチェスター・ユナイテッド、レアル・マドリード、ユヴェントス、インテル、ミラン、フィオレンティーナ、バイエルン・ミュンヘンが彼に興味を示しているようだ。移籍金は約2000万ユーロといわれており、前述したヴィニシウス級の選手であれば、獲得する価値はある。

また、英『The Guardian』では世界最高の100人のサッカー選手という特集を行っており、そこにアルバレスの名前が挙がっている。もちろん、今後の期待を含めてだといえるが、同じアルゼンチン出身でアトレティコ・マドリードに所属するロドリゴ・デ・パウルらの名前もあり、既にその領域にいる選手なのかもしれない。

欧州未経験ながら期待の大きいアルバレス。170cmとサイズはないが、それでもアルゼンチンではセンターフォワードとしてゴールを量産している。得点以外にもチャンスメイクを行えるなど、万能性を持っており、アルゼンチンではNEXTアグエロとも呼ばれている。注目の逸材であり、今冬での移籍市場で欧州上陸となるのだろうか。

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.271 J1勢力図2022夏

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:コラム

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ