また“チェルシー産”の若手が欧州でブレイクする? ユヴェントス期待のスピードスターとは

近い将来、ユヴェントスでのブレイクに期待がかかるイリング・ジュニオール photo/Getty Images

注目集まる若き快速ウイング

個性豊かな若きタレントを数多く輩出しているものの、数年前まではその選手たちが自軍でブレイクするというのをあまり見かけなかったチェルシー。近年こそ若手を積極的に登用したフランク・ランパード前監督によってMFメイソン・マウントやDFリース・ジェイムズなどが主力に定着したが、ブルーズを離れてからブレイクしたというヤングタレントはまだ少なくない。

そんな若手の代表例といえば、近年ではサッスオーロFWジェレミー・ボガやブライトンDFタリク・ランプティ、バイエルン・ミュンヘンMFジャマル・ムシアラあたりを挙げることができるだろう。今季サウサンプトンで印象的なパフォーマンスを披露しているDFティノ・リヴラメントもそのひとりだ。

こうした選手たちを見てみても、チェルシーアカデミーがいかに才能の宝庫となってるかは窺い知ることができる。そして、またそう遠くない未来に、イタリアでチェルシー産の才能が開花する予感がしてきた。

今回注目したいのは、現在ユヴェントスのU-19カテゴリでプレイしているFWサミュエル・イリング・ジュニオール(18)。U-19イングランド代表にも選出されているレフティーは、左ウイングを主戦場とするプレイヤーだ。

そんなイリング・ジュニオールが最大の武器としているのは、スピード感溢れるドリブル。静止した状態から味方のパスを受けても一瞬の加速で相手を置き去りにする突破力は非常に魅力的で、速度がついてからの彼はまさにアンタッチャブルな存在と言っていい。一度スピードに乗ってしまえば、同世代で彼を止められる選手はそういないだろう。シンプルな“ストップ&ゴー”で対峙したDFを剥がせるヤングタレントは、すぐにでもトップチームで試したい存在となっている。

実際、その能力の高さは現地でも評判となっており、伊『Gazzetta dello Sporrt』は「今季調子の出ないユヴェントスにとっては良い刺激になる選手かもしれない」と彼のことを評価している。周囲からの期待値はこの上なく高まっているユヴェントスのチェルシー産アタッカー。はたして、イリング・ジュニオールは近いうちにトップデビューを果たすこととなるか。次世代を担うスピードスターの今後には注目だ。

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.263 監督で観る欧州蹴球

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:コラム

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ