ミランが見つめるセリエCクラブの“17歳” 将来有望な中盤の潰し屋に熱視線

新たな若い世代の逸材に目をつけたミラン photo/Getty Images

チェゼーナで輝く守備的MF

近年、獲得した若手が次々にピッチ上でその才能を遺憾なく発揮しているACミラン。ここ数年で同クラブが行った未来への投資は、多くの場合で良い結果を得られていると言っていい。MFサンドロ・トナーリやMFアレクシス・サレマーカーズ、FWラファエル・レオンなど、今季のチームで重要な戦力となっているヤングタレントは少なくない。

そんななかで、ミランは今冬またも将来有望な若手を確保しにかかるという。伊『calciomercato』によると、ロッソネリが次にターゲットとしているのはセリエCのチェゼーナに所属するMFトンマーゾ・ベルティ(17)だ。

まだ欧州での知名度はない。しかし、優れた才能を備えた選手であることは間違いないベルティ。守備的MFを主戦場とする同選手は、適切なタイミングで相手の保持するボールを絡めとる中盤のハンターだ。身長171cmと恵まれたフィジカルを有しているわけではないものの、デュエルの局面における身体の使い方が上手く、その特長を活かして今季すでにセリエC(ジローネB)では7試合に出場している。

昨今のミランにおいては、コートジボワール代表MFフランク・ケシエの契約延長交渉が難航中。もし、今季終了後に彼が契約満了で退団するとなれば、後釜の中盤戦士は補強しておきたいところ。かといって、ケシエ級のMFの穴はそう簡単に埋められないことが予想されるだけに、未来への投資という形でひとまずベルティを確保しておこうという算段か。まだ粗削りな部分はあるものの、守備型のMFがそこまで多くないミランにとっては確かに悪くない選択肢と言えそうだ。

まだ17歳ではあるものの、ミランの熱い視線を受けるベルティ。はたして、その将来が楽しみな中盤戦士は近いうちにビッグクラブ行きを実現させることとなるのか。今後の動向には注目だ。

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.263 監督で観る欧州蹴球

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:コラム

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ