“ガラスの才能”デンベレ獲得のギャンブルへ動くべき? 気になる24歳の未来

バルサで離脱が続くデンベレ photo/Getty Images

リヴァプールなどビッグクラブも目をつける

怪我さえなければ、FWキリアン・ムバッペにも負けぬ存在になれるのではないか。

そう思わせるだけの才能を秘めているのがバルセロナFWウスマン・デンベレだ。

左右両足を使いこなすドリブルはワールドクラスで、好調時は手がつけられない。ただ、デンベレのキャリアには怪我の問題がつきまとう。

今季も怪我で出遅れており、とにかく一貫性に欠けるのが難点だ。

バルセロナ側には今季限りとなっているデンベレとの契約を延長するのではとの話題もあるが、これに注目したのが英『Liverpool Echo』だ。

リヴァプールは過去に何度かデンベレ獲得を狙っていると言われてきたクラブで、仮にバルセロナとの契約延長が合意に達しなかった場合はもう一度デンベレ獲得を狙うべきではと同メディアは考えているのだ。

デンベレを加えた場合、ポジション的にはモハメド・サラー、サディオ・マネと争うことになる。競争を促しつつ、2人の負担を軽減してくれるのであれば魅力的だ。

問題は怪我のみだが、デンベレに賭けるメリットはあるだろうか。バルセロナとの契約延長が実現しなければ、デンベレは来夏にフリーで獲得できる。

そこは1つの魅力で、他にもバイエルンやチェルシー、ユヴェントス、マンチェスター・シティもデンベレの動向をチェックしているという。

それだけ才能が認められている証拠ではあるのだが、怪我の絶えない24歳のアタッカー獲得へ各ビッグクラブは動くべきなのか。このギャンブルが当たれば大きいが、デンベレの今後はどうなるのか。

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.262 プレミア新BIG4時代

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:コラム

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ