エリオットに続く逸材が早くも登場? リヴァプールの将来を担う16歳のウインガー

PSMで出場したゴードン photo/Getty Images

ノリッジ戦でデビューもあるか

序盤戦でハーヴェイ・エリオットがスタメンを勝ち取るなど、世代交代を進めるリヴァプール。エリオットはリーズ・ユナイテッド戦で負った怪我により離脱となってしまったが、そんな新星に続く若手が、近々見られるかもしれない。

その逸材の名前はFWカイデ・ゴードン。ダービー・カウンティから今季リヴァプールのアカデミーへと加入した16歳に大きな期待が寄せられている。

彼に対してはマンチェスター・ユナイテッドで活躍し、現在はダービー・カウンティの指揮官でもあるウェイン・ルーニー監督が絶賛。両サイドのウィングやトップ下などを務め、今年加入したばかりだが、リヴァプールU-18ではレギュラーを獲得している。

足元の技術が高くドリブルやスピードを武器とするウインガーだ。シュート精度にも長けており、ロングシュートの威力も迫力がある。リヴァプールの前線を担う強力な選手へと成長していくことだろう。

英紙『Daily Mail』でも逸材に注目しており、カラバオカップのノリッジ戦でトップチームデビューもあるのではないかと報道。また同紙でリヴァプールのアシスタントコーチであるペップ・リンダースは、若きウインガーに対して「逆サイドからのクロスにも適切なポジショニングで合わせることができる選手だ」とコメントしている。

21日の27時45分(日本時間)キックオフとなるノリッジ戦だが、16歳のデビューはあるのだろうか。エリオットに続くさらなる逸材が今後も楽しみだ。

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.262 プレミア新BIG4時代

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ