リオ世代のアタッカーが“最高級ボールハンター”へ 米国で起こる久保改革

アメリカの地で躍動する久保 photo/Getty Images

予想とは異なる成長に

遠藤航、南野拓実、浅野拓磨、植田直通ら海外で活躍する選手たちは、2016年のリオデジャネイロ五輪世代にあたる。

五輪本番はグループステージ敗退と残念な結果だったが、今や彼らはA代表の主戦力だ。

そんな中、リオ世代の中心人物でありながら思うようなキャリアを描けていなかった者がいる。当時のチームでは1、2を争う実力者だったFW久保裕也だ。

久保はリオデジャネイロ五輪出場をかけたアジア予選でも絶対的な戦力だったのだが、A代表ではポジションを掴めず。現在はアメリカ・MLSのFCシンシナティでプレイしている。これは予想していたキャリアとは少々異なるだろう。

しかし、実力が衰えたわけではない。欧州5大リーグではないMLSの試合が日本で話題になる機会は少ないが、現在の久保はMLSで興味深い変化を遂げているのだ。

久保は若い頃より思い切りのいいアタッカーだったのだが、シンシナティではセントラルMFを担当する機会が増加。今季はそのポジションを中心に42回のタックル勝利数を記録しており、これはMLS公式によればリーグ3位の数字だ。

ポジションの影響もあってか21試合で0得点0アシストとなっているのが寂しいところだが、守備面での貢献度は大きいと評価されているのだろう。若い頃の久保からは想像のつかない数字だ。

現在の久保は27歳。日本代表の2列目は南野や堂安律、久保建英などタレントが揃っている。今からA代表の2列目争いに絡んでいくのは厳しいだろう。しかし、ボランチなら可能性もゼロではない。まだ代表を諦めるような年齢ではないため、アメリカの地で進む久保改革に注目したい。

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.262 プレミア新BIG4時代

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:コラム

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ