100kgの超パワフルFWは“アメリカ版ルカク” 期待かかる若き大型FW

アメリカ代表でのさらなる活躍が期待されるダイク photo/Getty Images

A代表へ定着できるか

近年はアメリカ出身の若手プレイヤーが注目を集めているが、それは何も欧州クラブでプレイする選手だけではない。アメリカ国内のクラブに所属する選手の中にも、興味深い実力者がいるのだ。

現在行われているゴールドカップにも出場している21歳のFWダリル・ダイクという選手をご存知だろうか。

ダイクは昨年1月にドラフトでMLSのオーランド・シティFCに加入すると、今年の冬にはイングランド2部のバーンズリーにレンタル移籍。2部ながら19試合で9得点と結果を残して注目を集めた。

特長の1つはアメリカ人選手らしいダイナミックさにあり、プロフィールでは188cm100kgとかなりパワフルだ。チェルシーのクリスティアン・プリシッチやドルトムントのジョバンニ・レイナのような小柄なテクニシャンとは違い、フィジカルモンスターの素養を持つ大型FWと言える。

ゴールドカップの方でも2得点を挙げており、2026年にカナダ、メキシコ、アメリカの3国で共同開催するワールドカップまでにA代表へ定着できれば面白い。アメリカの貴重なオプションとなり得るはずだ。

SNS上では「アメリカ版ルカク」、「アルティドールのようにはならないでくれ」、「彼は怪物」など様々な意見が挙がっており、期待しているファンも多い。

果たしてダイクはA代表でポジションを掴めるのか。世界で通用するフィジカルモンスターになるのか楽しみだ。

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.259 EURO2020大会レビュー

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:コラム

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ