フェルナンジーニョの後釜は既にクラブ内に デラップと共にトップチーム入りする新星とは

ラビアはフェルナンジーニョの後釜となれるか photo/Getty Images

重要なポジションであるため期待値も高い

ここ数年でジェイドン・サンチョやブラヒム・ディアスといった若い有望な選手をユースチームから輩出しているマンチェスター・シティ。前述した2人は残念ながら別のクラブへ移籍してしまったものの、昨季はフィル・フォーデンがトップチームで素晴らしい活躍を見せ、念願の生え抜きが台頭している。そんなイングランド代表MFに続くと言われているのが、MFロメオ・ラビア(17)だ。

昨シーズン、アンデルレヒトから加入したラビアはベルギーの世代別代表に選出されている実力者だ。ポジションは守備的MFやセンターバックを主戦場としており、マンCに加入後はU-23の選手が集まるリザーブチームでアンカーとしてピッチに立っている。

そんなラビアだが、来季からトップチームに合流する可能性があるようだ。英『Telegraph Football』によれば指揮官であるジョゼップ・グアルディオラが彼のトップチーム入りを明言していると報じている。また、今夏のターゲットであったサッスオーロのマヌエル・ロカテッリへの関心も、ラビアの成長を考慮し、取りやめたそうだ。

監督からの評価が高いラビアだが、彼のプレイスタイルはボール奪取を得意としながらも、展開力に長けた理想のアンカーである。メディアでのインタビューの際には理想とする選手にフェルナンジーニョ、セルヒオ・ブスケッツを挙げており、彼らを手本にしてトレーニングに励んでいるようだ。また、来季はそのフェルナンジーニョと共にトレーニングできる可能性が高く、彼の技術を吸収し成長して欲しい。まだ17歳と若いが今後が非常に楽しみな選手である。

ラビアの他にもFWリアム・デラップ、MFコール・パーマーの2選手が来季トップチームへ合流するようだ。

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.259 EURO2020大会レビュー

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:コラム

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ